トップ検査・校正 > 検査とJCSS校正の違い
注1) ASG101 P5 5・10・4・2による
注2)JIS Z 8103-2000-4342『計測用語』備考:校正には、計器を調整して誤差を修正することは含まない。
JCT20302 P10 12・1・3外部分銅による感度調整はその荷重の公称値における調整前偏差等を必要とする。  の両項がある為です。
注3) 気温18℃~30℃、湿度35%~65%、気圧990~1035hPaの範囲内
注4) 校正分銅内蔵タイプは当社社内でも校正が可能です。
このページの先頭へ▲